自分のザーメンを飲精させられたM男が寝取られて他人の精液まで飲まされ鬱勃起

自分のザーメンを飲精させられたM男が寝取られて他人の精液まで飲まされ鬱勃起 M男
痴女ギャルに自分のザーメンを飲精させられて、飲精M男にされてしまい、自分の慕うドSギャルを寝取られて他人の精液をクンニで精飲させられながら鬱勃起して興奮してしまうようになったM男のエロ体験談。
さとる(26歳)
M男痴女ギャル包茎・短小
【PR】
S女性との出会い

自分のザーメンを飲精したM男が寝取られ他人の精液をクンニで精飲させられて鬱勃起

ギャル痴女なS女性に調教してもらい、自分のザーメンを飲精させられるようになりました。そんな中で、セックスした事もなく、慕っていたS女性が他の男性に抱かれる所を見せつけられた上に彼が射精した彼女のオマンコをクンニさせられ精飲させられてしまいました。

そんな慕っていたSな痴女ギャルを惨めに寝取られた上に相手の男性の精液まで飲まされてしまった時の体験をお話させていただきます。彼女とはアダルト系の音声配信サイトで出会いました。

最初は他のM男と一緒に彼女の声を聞きながらオナニーをしていじめてもらう関係でしたが、仲良くなり通話で遊んでもらうようになりました。通話で何度かオナニーする所を聞いてもらった後、日常会話もするようになり比較的近くに住んでいる事がわかりました。

最初からいきなり自分の出したザーメンを飲精をしたり、彼女を寝取られて他人の精液を中出しさせられたオマンコをクンニして精飲させられて鬱勃起するようになっていたわけではありません。

初めて会った時は出会ってすぐにファミレスで軽食を食べながらお話をして、NGプレイなどの打ち合わせをした後、すぐにファミレスを出てこの後するプレイを想像してドキドキしながら近くのラブホテルに向かいました。

PR
【おすすめの飲精(CEI)の命令をされちゃうオナサポエロ動画】

気になる方は上の画像をクリック

自分のザーメンを飲精させられるM男【寝取られ鬱勃起体験談】

その日は全裸になって身体を検分されていきました。それこそ、おちんちんは皮を剥かれて匂いを嗅がれ、アナルは広げて見られた上に軽く指を突っ込まれて開発具合を確認されました。自分でやったの?と聞かれうなずくと結構柔らかいねと頭を撫でてくれました。

少しアナルをいじられて、スパンキングでお尻を叩いていただき彼女の前でオナニーをしてみてもらいました。たっぷりオナニーを見てもらいイキまくった後、頭を撫でてもらいました。2度目以降もスパンキングやアナル開発メインで進んでいきました。

この頃は自分が射精して出したザーメンを飲精させられる事もなく、彼女を寝取られて他人の精液を精飲させられる事も、惨めでショックなはずな状態に陥っているのにおちんちんを勃起させる鬱勃起をさせる事もありませんでした。

何度か彼女とのプレイを楽しんだ後、ご飯を食べている時にいつもの雑談と言った感じで精液って飲んだ事ある?と聞かれてないと答えるとそっかとちょっと悪巧みをしているような笑顔になっていました。

そして、その次のプレイの日にいつものようにプレイしてオナニーで射精した後に、射精した自分のザーメンを飲精させられる事になり、しばらく続けて慣れた頃に寝取られた上でクンニ奉仕で他人の精液を精飲させられてしまい、鬱勃起を経験させられる事になってしまいます。

自分の射精したザーメンを飲精させられるM男

飲精をはじめてした日は、最初いつも通りのプレイをして射精する時に今まではその辺にぶちまけていたのですが、彼女は私の射精した精液を手で受け止めてくれました。今までになかった事だけにかなりビックリしてしまいました。

びっくりして固まっていると、彼女は私の精液のついた手を私の口の前に差し出してきました。自分の出したザーメンなんだから自分で処理できるよね?と言われてしまいました。ザーメンを飲んだ事はなかったのでちょっと躊躇してしまいました。

するとぐいっと口に押し付けてきたので恐る恐る舌を出して犬みたいにペロペロと舐めるとその生臭い匂いと塩っぱいような生臭い感じの味で少し気持ち悪くなってしまいました。止めるとグリグリと口に押し付けられるので必死で舐め取りました。

なんとか飲精し終わるとこれからは自分のザーメンはちゃんと飲精して処理しようねと言われてしまいました。この時は自分のザーメンを飲精する事が辛かったので少し絶望的な気分になってしまいました。

この初めての飲精から毎回ザーメンを飲まされていきました。そして、彼女を寝取られて、彼女の中出しされたオマンコに奉仕して他の男のザーメンを飲精させられて鬱勃起させられる事になってしまいます。

飲精した後痴女ギャルを寝取られてしまうM男

その後は彼女に宣言された通りに毎度射精する度に自分自身が出したザーメンを飲精させられて飲まされるようになりました。最初は不快感しかなく、吐き気すら催す事もあった飲精でしたが徐々に慣れてきて普通に飲めるようになっていきました。

プレイの最後にオナニーで射精して自分自身のザーメンを飲精する事にも慣れてきた頃に事件は起こりました。ホテルに入ると服を脱いでお風呂に入ろうとしていると彼女は私を椅子に縛り付けてどこかに電話をした後私を放置してお風呂に入りに行きました。

お風呂から上がってきても私の事は完全に無視して身体を拭いてバスローブをまとい、お茶を飲んだりしてまるで1人でホテルに宿泊しているかのような振る舞いをし始めたのです。放置プレイだろうかと思いながらも声をかけつつ彼女を眺めていました。

そうこうしている間にホテルの電話が鳴って彼女は出ると「はい、大丈夫です、お願いします」という声が聞こえてきました。そして、彼女の電話が鳴って電話に出ずに入り口に向かって誰かを招き入れたのです。

ちょっとちゃらそうな男性が入ってきて、この人がM男君?裸で縛られちゃってると私を見下した感じで見下ろした後、入ってきた男性も彼女も服を脱ぎ始めて、私の目の前で男性のおちんちんを全裸の彼女がフェラし始めました。

自分のザーメンだけでなく他人の精液まで精飲させられるM男

初めて見る彼女の裸に興奮してしまいましたが、目の前で自分はされた事のないフェラをされている姿に惨めな気分になりました。しかも、私は全裸で縛られているので何もできずかなり惨めで屈辱的で悲しかったです。

この位置だとベットがしっかり見えないと男性が言い始めて、二人がかりで椅子を私ごとベットの下あたりでベット全体がよく見える場所に移されてしまいました。これから何が起こるかわかるよねと耳元で囁かれながら口枷をハメられて話せなくされてしまいました。

彼女は私には見せない女の子の顔をして男性を誘うように足を開いて寝転んでオマンコも丸見えになっていて興奮して勃起してしまいました。その後慕うSであるギャル痴女が男性に抱かれて気持ちよくなって激しく喘いでいく姿を見ながら呻きながら泣いてしまいました。

セックスが終わると見せつけられて精神的にボロボロになった私の拘束を男性が解くと口枷も取られて彼女のいるベットに誘導され彼女の足元に座らさせられました。彼女がオマンコに奉仕してと言われてオマンコに口を着けると男性の精液が漏れ出てきました。

止めると足で身体を抱え込まれてちゃんと飲精してねと言われて、生まれて初めて他人の精液を精飲させられて吐きそうになりながら必死で舐めました。かなり惨めで辛くて涙を流しながらクンニ奉仕を続けていました。

多くの男のザーメンを精飲させられるM男

この時は、おちんちんが鬱勃起する事はなく、男性の精液を飲みながらおちんちんはしぼんでいました。その後も何度も目の前で寝取られるプレイをしていくうちに男性のザーメンを精飲させられるうちに鬱勃起するようになってしまいました。

毎回違う男性のザーメンを精飲させられて鬱になりそうでしたが、男性が帰った後にセックスを思い出させられながらオナニーさせられて自分のザーメンを飲まされる時には気持ちよくてやめられなくなっていました。

何度もやめたいと思いましたが、男性が退出してからはちょっと意地悪に思い出すようなワードを混ぜながらも裸のままで優しく抱きしめてプレイしてくれる特別感に興奮して徐々におちんちんが勃つようになりました。

鬱な状態から一気に快感に持っていかれているうちに、寝取られセックスをされた後の他人の精液を精飲させられる時にも鬱勃起するようになってしまいました。寝取られセックスからの他人の精液を精飲する行為は中々慣れません。

しかし、惨めで辛くて嫌だという思いは消えませんが、その後の甘い調教タイムを考えると中々抜け出せません。最近は日常の生活で嫌な事があって鬱々とした気分になった時も勃起してしまうので少し困っています(笑)