全裸拘束でアナルを犯してM男のアヘ顔&M男の喘ぎ声で興奮する痴女人妻

全裸拘束でアナルを犯してM男のアヘ顔&M男の喘ぎ声で興奮する痴女人妻 M男
痴女人妻が全裸拘束したM男のアナルを犯して惨めなアヘ顔で喘ぎ声を漏らさせ、全裸拘束されたM男を嫌というほど激しくたっぷりアナルを犯して淫らで惨めにイカせまくるエロ体験談。
ひでみ(29歳)

M男痴女アナル人妻

【PR】
S女性との出会い

全裸拘束M男のアナルを犯して惨めなアヘ顔&喘ぎ声に興奮する痴女人妻

全裸拘束したM男のアナルを犯して惨めにM男のアヘ顔で喘ぎ声を出させて興奮してしまう人妻痴女です。人妻でSなのですが旦那もSだったので旦那中心で犯されていて、男性を責めたいと思っていました。そんな時に飲み屋で知り合ったのが年下の彼でした。

私が仕事帰りにたまに飲みに行く店の常連さんで何度か会っているうちに仲良くなっていきました。そんなある日軽く下ネタ話になり、流石にキツめの下ネタをカウンターで話すのも問題なので個室空いているからと店長に言われて2人で個室で話す事になりました。

その中で彼がM男である事などを話して、アナルも感じちゃうなんて言っていました。私はその話を聞いていて興奮してしまいました。自分がSで旦那もSなので男を責めてみたかったし、欲求不満なんて話をしてしまいました。彼は目を輝かせていました。彼は私が結婚しているのも知っていたので流石に誘ってくる事はありませんでした。

そこで私は彼に今日はもう遅いから今度一緒にホテルに行こうかというとちょっと困惑した感じでしたがちょっと強引に連絡先を聞き出すとすっと連絡先を教えてくれたので、ちょっと期待もあったのだと思います。

これが、全裸拘束でアナルを犯して惨めにアヘ顔を晒し、激しく感じて喘ぎ声を聞かせてくれるM男とホテルに行く直前までの経緯です。この後、スマホで連絡を取ってお互いに仕事が早く終わった時にホテルに行く事になりました。

全裸拘束してM男のアヘ顔とM男の喘ぎ声を楽しむ痴女人妻の初ホテル

全裸拘束してアヘ顔と喘ぎ声を聞くプレイをする前はいつにしようかと予定を調整していましたが、普段なら3~4時間程度しか取れないので最初くらいは長くプレイしたいなと思っていました。

そんな時にちょうど旦那が仕事のトラブルで出張する事になり1泊してくると言ってきたので、聞いた後に彼に連絡をしてみるとその日は普通に定時で帰れそうと言っていたの終電まで楽しむ事にしました。

彼は職場と飲み屋の間くらいに家があるらしく仕事帰りに一度家によって拘束やアナルに使う道具は持ってきてくれるというのでどんな道具を持ってきてくれるのか楽しみにしながら定時で上がってすぐに飲み屋に向かうとちょうど彼と入り口で会いました。

一緒にはいると店長に一緒に来るなんて仲良しだねなんて言われてしまいました。ご飯をちょっと急ぎめで食べた後2人で居酒屋を出てホテルに向かいました。2人揃ってお酒なしなんて珍しいねなんて言われてしまいました。

そのまま、彼と一緒にホテルに向かいました。拘束具とアナルグッズは思いの外本格的でがっつり調教できるなんて思い、独身時代に遊んでいた事を思い出して興奮してしまい、彼を全裸拘束してアナルを犯してアヘ顔や喘ぎ声を想像して恥ずかしながらあそこを濡らしてしまいました。

全裸拘束でアナル調教をする人妻痴女【M男のアヘ顔&喘ぎ声】

ホテルに入って即全裸拘束でアナルを犯してアへ顔と喘ぎ声を聞きたいという願望もありましたが、流石にいきなりそんな事できるわけもなく、職場から居酒屋に行く途中で買ったいちじく浣腸を彼に渡してしっかり出してねと言いました。

彼がいちじく浣腸でお腹の中を綺麗にしている間に私はお風呂の用意をして、トイレの彼に先に入っているからあとからお風呂に来てねと伝えて私はゆっくりお風呂に入る事にしました。しばらくすると彼が脱衣所から声をかけてきました。

服を脱いで入ってくるようにいうと全裸で前を隠して恥ずかしそうにお風呂に入ってきました。私は身体を洗い終わって湯船に入っていたので手をどけて全身を見せるようにいいました。彼は手をどけておちんちんを見せてくれました。

そこからは調教モードで彼に接する事にして、結構大きいおちんちんなのにM男なんだねと蔑んだような感じでいうと彼は悲しそうな表情をしながらも、興奮しているようでむくむくとおちんちんが大きくなっていきました。

しばらく眺めた後に、私が湯船から出て裸を見せてあげると彼は更に興奮してフル勃起したので、手に泡を付けておちんちんのサイズ感や硬さを確かめるように竿や玉を触っていくとやっぱり若いだけあってかなり硬かったです。

アヘ顔を晒しながら喘ぎ声を出す全裸拘束されたM男

おちんちんを優しく泡に包んで洗ってあげると気持ちよさそうに軽い喘ぎ声を出していました。そのまま身体を確かめるように全身を洗ってあげると乳首なんかも反応していたので今後が楽しみだななんて思いながら洗ってあげました。

私が先に上がって身体を拭いて彼の持ってきた道具を並べて用意していると彼が上がってきました。拘束具とアナルディルド、ペニバン、ローション、ゴム手袋を使う事にしました。彼をM字開脚で全裸拘束して足の間に立って見下ろしてあげました。

彼は恥ずかしそうにしながらも興奮して勃起していましたが、それを見下ろしているとすごく征服感があって昔を思い出して興奮してしまいました。ショーツとブラを着けていたのですがショーツが少し湿っていて彼にバレていたかもしれません。

まあ、流石に確認はしていないのでわかりませんけどね。まずはゴム手袋を着けて、ローションを指と彼のアナルに塗りたくって指を挿入していきました。それだけで彼は感じてしまったみたいでかなりアナルの感度がいいなと思いました。

グリグリと動かし始めると呻くように喘ぎ声が漏れ始めて彼の顔をアヘ顔とまではイキませんが、恥ずかしいと気持ちよさで顔が歪んでいて、ディルドを入れたらアヘ顔になるんじゃないかというくらいでした。

全裸拘束でアナルを犯されて喘ぎ声を出しでアヘ顔を晒すM男

しばらく全裸拘束した彼を指でアナルをいじっていましたが2本入れてもゆるゆるだったので、用意されていたペニバンより少し細めのディルドを入れてみましたがこちらもすぐに受け入れていきました。

ズブズブとディルドで彼のアナルを犯していると彼は激しく喘いで完全にアヘ顔になっていました。アヘ顔を晒して喘ぐ姿はすごくエロくて楽しかったです。ズボズボとやっているうちに早くペニバンで犯したいと思うようになりました。

彼のアナルにディルドを突っ込んで出さないでねと言って、彼から離れてペニバンを着けました。ペニバンにローションをたっぷり塗り込んだ後、彼にアナルに刺さっているディルドを抜き、拘束具ごとクイッと全裸拘束されている彼の足を頭の方に持ち上げました。

そして、アナルにペニバンをズブズブと差し込んでいきました。もうとろとろになっているアナルにペニバンを入れると、まだ入れただけで腰も振っていないのにアヘ顔を晒しながら喘ぎ声を出していました。

腰を振ってズボズボと抜き差しすると女性が行く直前くらいの喘ぎ声を出して、無様に恥ずかしいアヘ顔を晒していたので思わずスマホで撮影してしまいました。やめて撮らないでなんて言っていたのを無視して撮影した後激しく腰を振って彼のアヘ顔と喘ぎ声をたっぷり楽しみました。

彼がぐったりするくらい責めて、フラフラの彼の拘束を外して、女性上位でセックスして私も楽しませてもらいました。その後は、普段はご飯を食べて2時間位楽しみ、旦那が居ない時には終電までたっぷり楽しむ関係を続けています。